お薦め

歯石・歯垢が気になる猫用フード

猫の歯石・歯垢をほうっておくと、歯肉炎、歯周炎、さらにすすんで歯周病・歯槽膿漏と進行していきます。
歯槽膿漏になると発熱し、強い口臭がし、痛くなりキャットフードも食べれなくなります。
自ら歯磨きをすることができない猫にとって、口腔内を清潔に保つことは、命がけのとても大切なことなのです。

そもそも、歯垢・歯石とはなんでしょう。
食べ物を食べると、歯に食べ物のカスがつきます。
それを、口腔内の細菌が分解していく時に歯の周辺に付着するものが歯垢です。
歯垢に唾液に含まれているカルシウムが沈着すると、歯石となります。
歯垢・歯石は、口腔内粘膜のバリアを破り、歯肉に炎症反応「歯肉炎」を引き起こします。
それが次第に歯肉全体に広がっていき、口腔内膜が痛々しい赤色になった状態を歯周炎、さらにすすむと歯周病になります。

細菌は、次第に内部に侵入し、歯根尖部に化膿層をつくり、歯槽骨と呼ばれる歯をささえている骨をも溶かしてしまい、歯根先端部膿瘍を形成します。
歯槽膿漏は、その化膿した膿みとガスが外部に漏れ出てくる状況を言います。

唾液の分泌量によって歯石の付着度合いが違ってきます。
唾液の分泌量の多い子猫は付きにくく、唾液の分泌量の少ない老猫はより多く付きます。

歯垢・歯石の付きやすさは、フードで差がでるのでしょうか。
硬い粒の大きいドライフードを食べている犬よりも、軟らかいウエットタイプのフードを食べている方が、より多く歯垢・歯石が付着することが証明されています。
また小さく食べやすいドライフードより、ブラッシング機能が期待できる大きく硬い形状のドライフードの方が、歯垢・歯石が付着しにくいのです。

大粒のドライフードに唾液中のカルシウムと結合し、フードを犬・猫が噛む事で唾液中のカルシウムにより歯垢から歯石へ変化させるのを防止する機能性食品などが開発されています。
ジェルタイプのものや、スプレータイプのものもあります。
愛猫の歯の様子をみて、使ってみるのもよいでしょう。