お薦め

満腹感サポートフード

近年、肥満傾向の猫が増えてきています。
ネコの狩りは本来、待ち伏せスタイルなので、あまり持続力を必要としません。
人間と一緒に生活して餌の心配のない生活をおくっているネコは、特に太りやすい動物と思ってよいでしょう。

脂肪細胞は、酸素と栄養の供給が必要になります。
これは血管から運ばれるので、肥満ネコは毛細血管が長くなり血液量を増やすことになり結果、拍出時に力や心拍数が増加、血圧が上昇し心臓に負担がかかります。
また栄養血管にも負担がかかり皮膚トラブルも多くなったりします。

体重が増えることで関節への負担から関節炎やヘルニア、靱帯断裂などのリスクもあがり、ネコは動くことを億劫がってますます肥満傾向になります。
インシュリンというホルモンへの反応性が低下して糖尿病傾向が高まります。
便秘や、癌にかかりやすくなるといわれています。

猫の肥満対策には、運動と正しい食事管理が適切です。
広い場所に連れ出し、運動を促す、また食事をダイエット用、低カロリーのライトフードに切り替えることで、猫がストレスにならないよう早いうちから減量させましょう。

ロイヤルカナンの満腹感サポートは、減量が必要な猫のために特別調整された食事療法食です。
食物繊維を23%と、通常の猫用フードの約2倍。
消化されにくい食物繊維を多くふくむことで、減量時でも満腹感を感じることができます。
かつ摂取カロリーを制限した場合でも、必要なタンパク質やビタミン・ミネラルが充分 に給与できるように調整されています。
体重過多により負担がかかる関節の健康維持に配慮して、ω3系不飽和脂肪酸およびビタミンE、Cを調整。
またグルコサミンおよびコンドロイチン硫酸、EPA/DHAω3系不飽和脂肪酸を配合。

健康な猫の尿は、およそph5-8の範囲でめまぐるしく変動しています。
しかし糖尿病になるとpH5前後の酸性尿しか出なくなります。
満腹感サポートフードは、尿のpHを弱酸性に保ち、健康的な尿の量、尿の比重に維持するように計算され、ストルバイト・シュウ酸カルシウムにも配慮しています。
http://omnicomassociates.com/こちらのサイトの解説も参考になりますので、ご覧ください。