お薦め

猫種によって異なる必要な栄養素や量のバランスを最適にした専用フード

猫は、過去ねずみなどを丸ごと食べて満たされてきた肉食動物です。
猫のタンパク質の必要量は、体重1kgあたりにつき約6.4gで人間の実に6倍ものタンパク質が必要となります。
猫が必要としている体内で合成できない必須アミノ酸は、アルギニンやタウリンなど11種類にものぼります。

なぜ、肉食の猫に、炭水化物を含むペットフードを与えるようになったのでしょう。
安さもありますが、死んだ肉、加熱した肉では失われてしまう微量名栄養素を炭水化物で補えるといわれているからです。
またビタミンミネラルの必要量は比較的わずかですが、他のミネラルやビタミンなどとのバランスが上手くとれてないと作用しないものもあります。
猫にとって、究極のパーフェクトな食材はやっぱりネズミや小物、小鳥などなのです。
理想的なフードとは、猫の基本的な食性を理解し、必要な栄養素や量のバランスをまねることです。

http://xn--nck1bpe3d4d0i3847bdgyc.com/にも書いてあるように、猫の種類によっても、必要な栄養素や量のバランスは違います。
たとえば、ペルシャ種は、顔面がフラットで舌の裏側を使う独特の方法でえさを捕らえます。
そのためこぼしやすく、フードの形に工夫があるといいでしょう。
毛の量が多いので、毛を作るアミノ酸や脂肪酸などの栄養素を多く必要とします。
大量の毛を飲み込みますので、毛玉対策として糞便と一緒に排出される毛の量をふやすように調整された食事をするよいでしょう。

シャム猫は、大きく口をあけ、速いスピードでたべます。
そのため吐き戻しが比較的多くみられます。
シャムは運動能力がたかく、非常に活動的なので、筋肉を維持するためにたんぱく質の供給が必須です。

猫がフードを食べなくなるのを見て、私たちは飽きてしまった、と一言で片付けがちですが、もしかしたら与えられているフードを食べ続けると危険だと察知して避けるようになった、
もしくは、猫の必須アミノ酸の種類は多いので、同じフードだけでは必要を満たすことができなくなり別のものを求めているのかもしれません。
人間でも、足りない栄養素が自然にほしくなるといいますね。
飼い主がよく観察し、愛猫の栄養バランスが乱れていないか気を配ることが大切でしょう。
また、こちらではキャットフードに含まれる栄養とはを紹介していました。是非このサイトも参考になさってみてください。